メンタルケア心理士 給料はおいくらですか?

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

多くの方が気になっているメンタルケア心理士 給料事情

 

メンタルケア心理士 給料はおいくらですか?ということですが、メンタルケア心理士の資格を活かして働こうと思っている方にとってはお給料も重要なポイントになってくるでしょう。メンタルケア心理士の資格を活かして仕事をする場合、基本的にほとんどの方が心理カウンセラーとして働くことになるかと思います。そのため、ここではメンタルケア心理士 給料事情ということで心理カウンセラーのお給料事情についてお話ししていきたいと思います。

 

そもそもメンタルケア心理士単体でのお給料事情というのは現時点でほとんど公開されていないのです。心理系の中でも権威のある資格として知られているメンタルケア心理士の資格ではありますが、現時点でメンタルケア心理士という職業が成立しているわけではありません。心理カウンセラーとして働いている方が持っている心理系の資格のひとつという位置づけなのです。

 

しかも、その心理カウンセラーのお給料事情というのもあまり明かされていません。心理カウンセラーの仕事というのは、時代が求めているといっても過言ではありません。しかしながら、他の職業に比べると収入面での調査というものがあまりおこなわれていないのです。もちろん、調査しにくいという部分もあるのでしょう。というのも、心理カウンセラーとしての働き方というのはいろいろあるのです。企業などに雇ってもらうという形でも働くことができますし、独立開業するという形で働くこともできます。副業という形で心理カウンセラーをすることもできるため、算出するのが難しい部分もあるのでしょう。

 

雇われの身としてのお給料事情

 

 

まずは、メンタルケア心理士の資格を取得した後に心理カウンセラーとして雇ってもらうという場合でのお給料事情についてお話ししていきましょう。雇われの身であれば、一般的な平均年収は150万円から600万円ほどだと言われています。平均月収で考えると、16万円からになるそうです。勤務先からボーナスの支給などがあれば、月収にプラスしてボーナスをもらうことになりますので、年収もアップするでしょう。

 

時給で考えた場合、どういった分野で就職するかによって結構な違いが出てきます。教育機関に就職した場合であれば、時給1500円から3000円ほどになると言われています。一方で医療機関に就職した場合であれば、時給は1000円から2000円ほどになると言われています。もちろん、勤める場所によって異なってくるでしょうが、このあたりが一般的な相場だと言われているのです。特に、教育機関や医療機関では副業として時給制で働くという方も多いようです。

 

雇われの身であっても、安定しているのが公務員です。心理カウンセラーと公務員というと一見関係がないように見えるかもしれませんが、公務員にも一応心理職というものが存在するのです。心理職の公務員として働くことができれば、収入は安定してくるでしょう。30代後半で年収は600万円ほどになることもあります。公共施設のサービスの一環という形でカウンセリングをする心理カウンセラーであれば、40代で500万円から600万円ほどの年収が相場だと言われています。公務員の心理職は、専門職扱いになります。そのため、お給料の面では優遇される傾向にあります。

 

雇われの身として心理カウンセラーの仕事をする方は多いのですが、最近では掛け持ちで働く方も増えています。スクールカウンセラーの方がいくつかの学校を掛け持ちしているという話を見聞きしたことのある方も多いでしょう。まさにそのような感じで、いくつかの職場を掛け持ちしている方もいるのです。複数のカウンセリングルームと契約して曜日ごとに勤務するという方もいれば、医療機関や教育機関などで時給単位で掛け持ちするという方もいます。その勤務時間や日数、経験などによって収入は変わってきます。それでどうにか暮らしていけるというレベルの方もいれば、結構な収入を得ているという方もいますので、掛け持ちに関してもピンキリなのです。

 

メンタルケア心理士になるにははこちら
メンタルケア心理士 開業はこちら
メンタルケア心理士 通信講座 期間はこちら
メンタルケア心理士 過去問はこちら
メンタルケア心理士 金額はこちら

 

 

独立開業した場合のお給料事情

 

先ではメンタルケア心理士の資格を取得した後で、どこかに雇ってもらって心理カウンセラーとして働く場合のお給料事情についてお話ししました。では、今度はメンタルケア心理士の資格を取得して、心理カウンセラーとして独立開業した場合のお給料事情についてお話ししていきましょう。

 

独立開業して働く場合、自分のカウンセリングルームを持つことになるかと思います。そこでの心理カウンセリングをおこなっていくことになるわけですが、一般的な相場としては1時間相談を受けて5,000円前後の金額をクライエントからいただくことになります。もし、独立開業した後で企業との顧問契約などを結ぶことができれば、1顧問あたり月に数万円から数十万円の金額をいただくことができるかもしれません。これで複数の顧問契約を結ぶことができれば、かなり収入も安定してくるでしょう。

 

メンタルケア心理士の資格を取得した後で独立開業したとして、心理カウンセリングの料金というのは自分で決めることになります。「オープン記念なので1時間1000円ポッキリ!」なんてことも可能ですし、相場よりも強気で1時間7500円という金額を取ることもできるのです。もし、メンタルケア心理士の資格以外に心理系の資格を持っているのであれば、そういった資格も踏まえて上乗せした金額を設定することもできるでしょう。

 

また、独立開業の場合、インターネット上でサービスを提供するということも可能です。電話カウンセリングをする場合には、1分あたりいくらという設定をすることもできますし、最初から時間を決めてサービスを提供するというやり方もできます。電話カウンセリングも人気なのですが、それと同じくらいに人気なのがメール相談です。メール相談になると、1往復で1,500円ほどが相場になってくるようです。

 

お給料アップのためには努力が必要

 

メンタルケア心理士の資格を取得して心理カウンセラーとして働くのであれば、やはりお給料をどんどんアップさせていきたいものです。しかしながら、黙って待っていてもお給料というのはアップするものではありません。お給料をアップさせたいのであれば、本人が努力をしなければいけないのです。

 

就職先で心理カウンセラーとして働く場合、早く昇給できるようにとにかく仕事を頑張ることです。ひとつひとつの仕事を丁寧にこなしていき、心理学の勉強を積極的にしていきましょう。もし、資格を取得することによって昇給が見込めたり、お手当てが出たりする場合には、そういった資格を新たに取得していくこともいいでしょう。

 

そして、肝心なのは独立開業している方です。これは相当な努力が必要になってくるものと思っておいたほうがいいでしょう。独立開業した方の場合、その収入というのは自分の実力、マネージメント力に左右されるのです。実績をコツコツと積み重ねて、新規のクライエントを獲得していけば、その実績から企業や学校などでの専属カウンセラーとしての契約にお声がかかるかもしれません。認知度を広めるための広告費なども必要になってくるでしょうが、それは先でしっかりと収入を得ることができれば自然に返ってくるものです。

 

心理カウンセラーの仕事が軌道に乗れば、依頼は次から次へと舞い込むようになるのではないでしょうか。もちろん、そのためにどれだけ努力することができるかがポイントになってきます。努力を重ねて活躍の場を広げることができれば、心理カウンセラーとしての収入だけで年収1000万円を超えることも不可能ではないと言われています。逆に言えば、何の努力もしないままでは、いつまでも収入アップは期待できないということです。やった分だけ収入に反映されると考えていいでしょう。非常にやりがいのある仕事です。

 

収入における目標を決めることも大切

 

とにかくたくさん稼げるようになりたいという気持ちを持っている方も多いでしょうが、せっかくなら収入における目標を決めておきましょう。ゴールを設定することによって、そのゴールまでの道筋を自分で考えていくことができるのです。メンタルケア心理士の資格取得を目標にして実際にメンタルケア心理士の資格を取得する、メンタルケア心理士の資格を取得して心理カウンセラーとして働く、心理カウンセラーとしていくらの収入を目指す・・・という形で、進めていけば自分の中で軸がブレることもないでしょう。

 

目標を決めておくと、そこに向かって努力をすることができます。積極的に学会へ参加してそこでの研究発表から心理学における最新情報を入手したり、情報交換をおこなったり、人脈を広げたりといった努力をすることもできます。もし、目標としている収入のためにメンタルケア心理士の関連資格や上位資格を取得する必要があるなら、そのための勉強もできるでしょう。

 

もともと、メンタルケア心理士の資格を取得している方というのは心理学や心理カウンセラーというものに興味を持っている方がほとんどなのではないでしょうか。好きで勉強をして、好きでメンタルケア心理士の資格を取得して、好きで心理カウンセラーとして働いているわけです。自分の好きなことであれば、目標に向かっての努力というのも簡単にできるのではないでしょうか。

 

心理カウンセラーとして知識を深め、よりスキルを身につけていくだけではなく、常にアンテナを張って情報を収集していくことも大切ですし、実際にお金を使って宣伝や広告を出していくことも必要でしょう。収入面が気になるのであれば、自分が理想とする収入や最低限これくらいは絶対にクリアしておきたいという収入を得られるように積極的な努力をしていきましょう。そのためにも、具体的な収入の目標を掲げておきましょう。

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑